ヨガの前の食事は控えた方が良いですか?


みなさんはいつヨガをしていますか?朝ですか?夜ですか?

 

391127

ライフスタイルも人により違いますし、ヨガを行っている時間も様々だと思います。よくヨガスタジオの案内にも書いてあることですが、ヨガを行うときは食後数時間開けてから行ったほうがいい、といわれます。なぜ食後に行ってはいけないのでしょうか?

 

何かを食べ飲みこむと、その食べ物は胃に入ります。胃は胃袋とも呼ばれていますからイメージしやすいと思いますが、筋肉の層が袋状になった形をしています。食べ物が入ると蠕動運動といって波打つような動きが起こります。筋肉が動くのですからそこには血液が集中して流れる必要があります。走ったりすると足への血液量が増えて温まってくるのと同じことです。食事をすると胃、お腹への血液量は増える必要があります。

 

食べる人まっこイラスト 

 

その時に体を動かし足への血液量を増やそうとすると、それは胃の動きを邪魔してしまうかもしれません。そうなれば消化の負担になりますし、人によっては気分が悪くなったりするかもしれません。血液がお腹に集中しているときですから、いつも以上に手足の動きも重く感じる人もいるでしょう。

 

食べてすぐ走ったりしてお腹が痛くなった経験はありませんか?食べ物が入って重さが増している胃が体を動かすことで引っ張られると腹痛の原因にもなります。ヨガのポーズには体をねじったり、上下逆さまになったり、胃を動かす動きも多くありますし、何より呼吸によって内臓器も動いています。食後すぐに動かされれば、腹痛や吐き気なども起こっても不思議はありませんね。

 

 

body_i_bad

 

人によっては、食事を摂ると内臓器への血流が急激に起こりすぎて、立ちくらみや急な眠気を起こす方もいます。そんな時に無理に体を動かすよりは、胃の内容物が送られ消化、吸収がちゃんとされるまでの時間、大体1〜2時間程はのんびり過ごせるのが体にとっては優しいのではないでしょうか?

 

伝統的なヨガのスタイルでも、ヨガのポーズの練習は朝行うことを推奨しているのがほとんどだと思います。寝ている間に消化が行われ、できれば朝排泄をしてなるべく体内が空っぽというような状態で行えれば、体にとって理想的かもしれません。

 

しかし人によっては空腹過ぎると気分が悪くなったり、腹痛やめまいを感じてしまい、ヨガを行う30〜1時間ほど前に消化の負担にならないものを軽く食べたり飲んだりしてから行う方が体調が良い、と感じる方も多くいます。これはその方の血圧や血糖値、胃酸などの消化機能の状態が関係していると思います。

 

hinketsu

 

体の機能という点ではなるべく空腹時に行ったほうが良いと思いますが、自身の体調、体質によって食事とヨガの関係は工夫しても良いのでは?と個人的には思います。

 

そしてヨガの前だけではなくヨガの後にも少し気を使ってあげてほしいとも思います。ヨガの後は全身の血流も促され、内臓器の動きも調整されているような状態です。リラックスして時には少し疲れも感じていることもあるでしょう。そんな時に急に食べたり飲んだりして、急激に胃腸を動かすことは体には負担となってしまうこともあります。できれば少し時間を置いて、少しあたたかいものを飲んだりして徐々に胃を動かしていくような気持ちで食べていくといいかもしれません。

 

drink_coffee_tea_woman

 

食事とヨガの関係はそれぞれのライフスタイルによって調整が難しいこともあると思いますが、自分にとってベストなタイミングを探してみてくださいね。

 

では、安全で快適なヨガを!

 

teacher_img_02

桜井くみ

TOKYOYOGAティーチャー/全米ヨガアライアンス認定指導者養成コース YogaBodyトレーニングコース開発・指導担当。
20年以上の鍼灸・整体の経験を生かし、2005年よりヨガ指導を行う。
ヨガ手帳のポーズ提案・監修者。 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー。
フリーランスの鍼灸・整体として活躍しながらも、高齢者の身体を知るためにケアマネージャーの資格を取得し、特別養護老人ホームで働いていたほどのカラダオタク。
判断、診断、治療ではない、「感じて、整える」有機的なヨガ解剖学を広めるためにYogaBodyトレーニングコースで指導をする。現在、神戸在住。夫もヨガティーチャーであり、一児の母。

ヨガボディ
ヨガボディの授業の様子01 ヨガボディの授業の様子02 ヨガボディの授業の様子03 ヨガボディの授業の様子04

体系的に学ぶことでさらにヨガを深めたい方、身近な人にヨガを教えてみたい方、
プロのヨガインストラクターを目指す方まで、
それぞれが求めるペースに応じたコースをご用意しています。

 

TYG_LP_11

YogaBodyトレーニングコースでは、基礎コース修了後、インストラクターコースを受講し修了すると、
全米ヨガアライアンス200時間の申請が可能になります。

 

Days5基礎コース ヨガとカラダの基礎知識を身につける

 

Days18インストラクターコース 理解を深め、伝える力を身につける