安眠・睡眠に良いポーズを教えてください


皆さんは良く眠れていますか?
適した睡眠時間というのは人それぞれに変わってくるのかもしれませんが、より良い睡眠が必要であることには変わりありません。眠りの質を高めてくれるヨガのポーズはあるのでしょうか?

 

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

 

動物には睡眠が必要です。睡眠は脳と体を休ませるために必要なもので、ストレスの解消、成長や老化、免疫力、記憶や学習能力など健やかな心身を保つためには不可欠なものです。睡眠の状態にはノンレム睡眠とレム睡眠にわけられます。この2種類の睡眠は脳と体の働きの状態によってわけられていますが、脳と体がしっかりと休んでいる時間は深いノンレム睡眠の時間といわれています。この深いノンレム睡眠が少なくなれば、寝ても疲れが取れないというような状態になり、睡眠時間を取ってはいても睡眠不足と同じような状態になってしまうかもしれません。ノンレム睡眠が少なくなる要因としては夜間の運動や飲食、アルコール、カフェイン、ストレスなどがいわれています。

 

 

suimin_rem suimin_nonrem

 

日々の生活の中での疲れやストレスというのはすぐになくすことができるわけではありませんが、それによって起こっている体の反応を少しでも軽減することは、眠りの質を高める助けになってくると思います。例えば、疲れやストレスの強い時は呼吸が浅く体の緊張も強くなります。ヨガを通してゆったりと呼吸へ意識を向ける時間を持ったり、体の緊張を解く時間を持つことで、体だけではなく心の緊張も緩めることができればいつもより深い睡眠へと導くことができると思います。

 

体内に溜まった疲労を回復していくためには、ヴィパリータカラニのような足をあげるポーズは効果的ですし、スプタヴィラーサナのような体の前面を伸ばすポーズも足の疲れや内臓器の疲れを癒やすといわれています。意識を外から内へと向けていくためにもチャイルドポーズのようなうつ伏せになるアーサナもおすすめです。

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e

これらのポーズでも共通して言えることですが、無理のないように、そして痛みなく心地よく行うことがとても大事なことです。そのためにはブロックやボルスターのようなプロップスを用いることもおすすめです。リストラティブヨガで行うプロップスで体をサポートしながら行うシャバアサナを寝る前に20分行えば、翌日の目覚めの違いに気付く方とても多いアーサナのひとつです。

 

IMG_8001

 

睡眠をちょっと違う角度から見ると、眠りを誘うメラトニンというホルモンを体内で作るためにはトリプトファンというアミノ酸やビタミンB6が必要です。どんなにヨガのポーズや呼吸を行っても生活の中での食事や家での過ごし方の工夫も必要、とも言えますね。

 

よく寝るために横になる時間をつくる、というと不思議に思う方もいるかと思いますが、ただ横になって何もしない時間をつくるというのは案外難しいものですし、毎日同じ時間行っても短く感じる時もあれば長くて寝ていることが苦痛に感じる時もあるものです。毎日の生活の中で起こることによって私たちの心の有り様も変化していますのでそんな自分の変化を見つめる時間にもなるのかもしれません。よく寝るために、何もせずただ寝る時間をつくる、そんな習慣も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

では、安全で快適なヨガを!

teacher_img_02

桜井くみ

TOKYOYOGAティーチャー/ YogaBodyトレーニングコース開発・指導担当。
20年以上の鍼灸・整体の経験を生かし、2005年よりヨガ指導を行う。
ヨガ手帳のポーズ提案・監修者。 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー。
フリーランスの鍼灸・整体として活躍しながらも、高齢者の身体を知るためにケアマネージャーの資格を取得し、特別養護老人ホームで働いていたほどのカラダオタク。
判断、診断、治療ではない、「感じて、整える」有機的なヨガ解剖学を広めるためにYogaBodyトレーニングコース という全米ヨガアライアンス認定指導者養成コースを開発し、ヨガの指導者を育成する。
現在、神戸在住。夫もヨガティーチャーであり、一児の母。

ヨガボディ
ヨガボディの授業の様子01 ヨガボディの授業の様子02 ヨガボディの授業の様子03 ヨガボディの授業の様子04

体系的に学ぶことでさらにヨガを深めたい方、身近な人にヨガを教えてみたい方、
プロのヨガインストラクターを目指す方まで、
それぞれが求めるペースに応じたコースをご用意しています。

 

TYG_LP_11

YogaBodyトレーニングコースでは、基礎コース修了後、インストラクターコースを受講し修了すると、
全米ヨガアライアンス200時間の申請が可能になります。

 

Days5基礎コース ヨガとカラダの基礎知識を身につける

 

Days18インストラクターコース 理解を深め、伝える力を身につける