YogaBodyコラム COLUMN

コラム,ブログ,ヨガと体のQ&A,ヨガ解剖学 2017.10.02

バランスのポーズでグラグラしないためには?

ヨガのポーズ、アーサナには片足で立ってバランスを保つポーズもありますね。

少し運動量の多いヨガクラスではよく行われているように思いますが、皆さんは経験されたことはあるでしょうか?片足で立つ、といえば簡単ですが小さい頃は何の苦労もなくできたようなことでもいざやってみると案外難しいものです。

バランスのポーズでグラグラしないようにするコツはあるのでしょうか?身体の仕組み、解剖学的に考えてみます。

 

 

グラグラとふらつきながらも何とかバランスを保とうとしている時、どこに意識を向けていますか?

つい上半身ばかりに意識が向きがちですが、身体を支えているのは足。

足の裏はどのようになっていますか?

足の裏がしっかりマットに着いているでしょうか?

特に、体がふらついている時は、足の外側、小指側に重心が流れやすくなります。

足の裏の内側、親指側もしっかりとマットにつける意識は土踏まずをしっかり活用して、身体の土台を安定させる助けになります。

 

 

そして、片足であっても、身体の中心にある軸があることには変わりません。

イメージとしては内もものラインを意識するだけでも助けになります。

個人差がありますが、内ももを少し後ろに回すように、または前に回すような意識をすることで、立つ足の関節の位置が安定してくるかもしれません。

 

また内ももの筋肉は、骨盤や背骨、そしてお腹の深部にある筋肉とも連携しています。内ももを意識することでそれらの筋肉を活性化させて、体幹、上半身の安定にもつながってきます。

 

そんな体幹を安定させてくれる筋肉を働かせ身体を安定させていくために何より大事なことは呼吸。

グラグラして倒れてしまわないように肩に力が入っていませんか?

そんな時は呼吸が止まりがちです。

 

 

呼吸を保つことで腹部の深いところにある筋肉が働き、体幹、上半身を安定させてくれます。

呼吸によって身体の深部にある筋肉をしっかりとはたらかせ身体を安定させることができれば、身体の表面にある肩や腕の筋肉の力も抜きやすくなるはずです。

 

ヨガのポーズ、アーサナにも少しずつ慣れ、ちょっと難しいアーサナにも挑戦できるようになると、また違った面白さが広がりますよね。

バランスのポーズは難しいですがそんな楽しみも味わえます。

ポーズをとることに意識が向きがちですがいつでも大事なのは呼吸。

呼吸を大事に、そして身体を支えてくれている足を大事に、意識を向けてみてくださいね。

 

では、安全で快適なヨガを!

桜井くみ

TOKYOYOGAティーチャー/ YogaBodyトレーニングコース開発・指導担当。
20年以上の鍼灸・整体の経験を生かし、2005年よりヨガ指導を行う。
ヨガ手帳のポーズ提案・監修者。 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー。
フリーランスの鍼灸・整体として活躍しながらも、高齢者の身体を知るためにケアマネージャーの資格を取得し、特別養護老人ホームで働いていたほどのカラダオタク。
判断、診断、治療ではない、「感じて、整える」有機的なヨガ解剖学を広めるためにYogaBodyトレーニングコース という全米ヨガアライアンス認定指導者養成コースを開発し、ヨガの指導者を育成する。
現在、神戸在住。夫もヨガティーチャーであり、一児の母。

 

メールで学ぼう!ヨガとカラダ。 メールで学ぼう!ヨガとカラダ。

身体にインタビュー!?
ヨガのポーズで身体は何を考えてる?
骨や筋肉の気持ちがわかる全10回のメール講座

関連するコラム