40代でヨガをはじめる人が知っておきたいカラダのこと


前回に続いて、年代ごとのカラダとヨガの付き合い方について。今回は40代について考えてみたいと思います。

40代と聞くとどんなイメージでしょうか?

今よりもっと平均寿命が短かったころは40代と聞けば高齢者というイメージが強かったでしょうし、現在でも介護保険料は40代から払い始めますから、何となく「老いる」ということを意識させられてしまいますが、近年の40代は若々しさを保ちながら、それまでとは違う魅力がでてくる年代のようにも思います。

東洋医学においても、女性の40代は白髪が出始めたりとカラダの衰えが見える頃。男性もピークを過ぎ、髪や歯が弱くなったりと、加齢による変化が肉体的に現れてくるとき、と考えています。

40代に入ると多くの人が自分自身の健康状態に意識を向けます。特に女性は、結婚や出産があったり、30代から肉体の変化を感じることが多いため、必然的にカラダへの意識を持っている方が多いですが、男性は40代に入ってからカラダのトラブルをきっかけに健康への意識を向ける方が多いように思います。今まで通りにはいかない40代、男性の厄年が40代にあるというのも納得です。

61c68bc1cb3ac9a6dcd77fe00a761403_s

女性にとって40代は女性ホルモンの分泌が減少し更年期に近づいていく年代です。そして、この更年期は男性にも起こることです。ホルモンの分泌の変化により肉体的にも、精神的にも様々な変化が起こり、人によって数年にわたって辛く感じる方もいます。この変化は誰にでも起こることであり、悲観するものではないと思います。

カラダの機能を調整しているホルモン分泌が変化しているのですから、肉体、体調も変化して当然です。それを我慢しよう、止めようとするほうが不自然なことです。

e99f45d9361259b242b77b180c4b2492_s

私より長い経験のあるヨガ指導をされている方と話していると、その多くが40代頃からセルフプラクティスに変化があったことを言います。心身の変化が起こることが普通、という年代なのではないでしょうか。例えば、肉体的に衰えを感じるならば日々のヨガのスタイルだけでなく、食事や生活習慣などの工夫が必要になるかもしれません。

syokuji_woman

年齢ともに移り変わる肉体とどう付き合っていくか。カラダの変化も取り巻く環境も人それぞれですから、その受け止め方も人によって違ってきますが、ヨガの時間はその変化そのものを感じていく時間になってくれると思います。

 

もちろん筋力や柔軟性など、肉体的な若さを保つことにもヨガは大きな助けになりますし、ポーズによっては脳内の下垂体へ影響しホルモン分泌の変化を穏やかにしてくれたりする効果を言われていますので、いわゆる更年期に起こりやすい心身症状を軽減することにもつながるでしょう。

 

body_nou

そして、ヨガをしている時間は、今までにない自分自身のカラダと心の変化を客観的に少し見つめることができる時間になると思います。ヨガをしている時は存分にゆったりと、頑張るだけではない時を過ごすことを選択してもいいのではないでしょうか?カラダの余計な緊張が緩めば心の緊張も緩みやすく、ちょっとした変化にも気づきやすくなるはずです。

Image160129202111-000

加齢による変化というものは、必ず誰にでもやってきます。繰り返し行うヨガだからこそ、今までできたことが少し負担に感じていることに気づきやすいのかもしれませんし、そこを無理しても怪我につながりかねません。近年の平均寿命を考えれば、40代はまさに折り返し。若い頃はできなかった成熟した楽しみが、その後の人生に待っているはずです。ヨガは、そのための準備を始める入り口に最適なのかもしれません。

 

では、安全で快適なヨガを!

teacher_img_02

桜井くみ

TOKYOYOGAティーチャー/ YogaBodyトレーニングコース開発・指導担当。
20年以上の鍼灸・整体の経験を生かし、2005年よりヨガ指導を行う。
ヨガ手帳のポーズ提案・監修者。 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー。
フリーランスの鍼灸・整体として活躍しながらも、高齢者の身体を知るためにケアマネージャーの資格を取得し、特別養護老人ホームで働いていたほどのカラダオタク。
判断、診断、治療ではない、「感じて、整える」有機的なヨガ解剖学を広めるためにYogaBodyトレーニングコース という全米ヨガアライアンス認定指導者養成コースを開発し、ヨガの指導者を育成する。
現在、神戸在住。夫もヨガティーチャーであり、一児の母。

ヨガボディ
ヨガボディの授業の様子01 ヨガボディの授業の様子02 ヨガボディの授業の様子03 ヨガボディの授業の様子04

体系的に学ぶことでさらにヨガを深めたい方、身近な人にヨガを教えてみたい方、
プロのヨガインストラクターを目指す方まで、
それぞれが求めるペースに応じたコースをご用意しています。

 

TYG_LP_11

YogaBodyトレーニングコースでは、基礎コース修了後、インストラクターコースを受講し修了すると、
全米ヨガアライアンス200時間の申請が可能になります。

 

Days5基礎コース ヨガとカラダの基礎知識を身につける

 

Days18インストラクターコース 理解を深め、伝える力を身につける