YogaBodyとは WITH A YOGABODY

YogaBodyについて ABOUT YOGABODY YogaBodyについて ABOUT YOGABODY

YogaBodyについて

人生に、ヨガを。

出来る限り長くあなたの毎日にヨガが近くにあって欲しい

私たちがヨガをコース化するときに、考えたテーマは「ヨガと身体の学校」。
TOKYOYOGAでは、ヨガを続けていくには身体というリアルなものから学ぶ方が良いのではないかと考えます。
インドの文化でもあるヨガは思想や哲学を優先に指導をすることもありますが、自分自身を快適な状態に作るには、まず自分の身体を知ると言うことが大事だと考えているからです。

ヨガは心へストレートに作用する運動だから、まず身体を知り身体を伝える

身体を伸ばす、息をする。このシンプルな運動で新しいエネルギーが自分のなかで作り出され、いつもより、姿勢が良くなって昨日より肌色がきれいになって、階段も早く上れたり夕方も肩が楽かも・・
なんて、そんな、ちょっとした身体の変化に気がつくかもしれません。

そして、身体の状態は心の状態を鏡のように映します。
ヨガで身体を整えることで、心もメンテナンスされていると感じたことはありませんか。
笑顔が増えたり、心が穏やかになったり、家族や仲間にもやさしくなれたり・・・。

身体という身近な現実を、自分自身で整えることができたら。
そして、多くの人が、身体という確実なものを主軸にヨガを伝えることができたら。

小さいけど、確かな変化が起きるかもしれません。
そんな気持ちでわたしたちはYogaBodyを作りました。

TOKYOYOGAとは ABOUT TOKYOYOGA TOKYOYOGAとは ABOUT TOKYOYOGA

TOKYOYOGAとは

TOKYOYOGAは株式会社TYGが運営するヨガスクールです。2002年からヨガインストラクターのchamaが創設し、現在東京の南青山と渋谷でヨガスタジオを運営しています。

株式会社TYGでは、「ヨガで世界を明るくする」をモットーに、「TOKYOYOGA」の他「ヨガ手帳」の制作やヨガフリーペーパー「ヨガヨム」の発行をしています。

ディレクターよりメッセージ DIRECTOR MESSAGE ディレクターよりメッセージ DIRECTOR MESSAGE

TOKYOYOGA創設者・ディレクターchama

TOKYOYOGA創設者・ディレクター
chama

この講師について
桜井くみとの出会いは十数年前のとあるヨガクラス

YogaBodyの開発を担当する桜井くみと出会ったのは、十数年以上前の、とあるヨガクラス。
鍼灸師であり、また運動指導においては僕の先輩でもあった桜井くみは、その頃にすでに幅広い解剖学の知識を持ち指導にもあたっていました。

その後10年以上、マイソールクラスでアシュタンガヨガの実践を積み重ねたり、アシュタンガヨガの聖地マイソールに長期滞在したり、またヨガの流派を限定せず、ヨガに限らず様々なボディワークやカラダにまつわるアプローチを、国内海外問わず様々な経験あるティーチャーに学び、その教えと経験を、自分のカラダと腑に落としていった桜井くみは、知識だけじゃない、リアルな身体への知見をどんどん広げ深めていきました。

僕もヨガだけでなく、機能解剖学やクラニオセイクラルなど優れた先生の指導に大きな影響を受けてきました。

ついに、桜井くみを中心にYogaBodyが誕生!

2000年頃から「TOKYOYOGA」では、身体というリアルと真摯に向き合い、多様な生徒を癒し、整え、成長させられるヨガティーチャーを育成したいと考えはじめ、『YogaBody』の原型となる「ヨガとカラダの学校」プロジェクトを桜井くみに伝え、その中心となってもらえないかと要請しました。
その後、桜井先生と、Aki先生(いつのまにか2人ともお母さん!)と僕との3人で、このプロジェクトのカリキュラム構成を時間をかけながら進め、それが桜井先生を主任講師とする"TOKYOYOGA指導者養成講座"という200時間の体系的な指導システムとなり、その講座でのフィードバックが活かされることで、今回の『YogaBody』となりました。

僕の大切な人達が作り上げた「YogaBody」をぜひ体感してほしい

インストラクターコースも指導するMorimi先生、ミッチー先生は、「chamaヨガ講師養成講座」の一期生。Morimi先生は体育系大学ご出身で運動指導は僕よりぜんぜん先輩で、東京下町のお互いの実家がお隣さんでした。
ミッチーは身体にくわしいアシュタンギ。僕が初めてアシュタンガのマイソールクラスをしたTOKYOYOGAの1号店「Practice渋谷」で生徒の信頼を集めています。これからさらにヨガの世界が広がっていく過程において、どんな人でも、健康的に、安全に、安心して、ヨガを続けられる環境が整っていくことは、とても大切だと思います。
その中心になるのは、そのような環境を提供できるヨガティーチャーの存在だとも思います。
僕が本当に信頼できる方々が、経験と時間と想いとエネルギーをかけて編み上げてきた『YogaBody』心からお勧めします。

開発・監修者よりメッセージ DEVELOPER MESSAGE 開発・監修者よりメッセージ DEVELOPER MESSAGE

開発・監修者 桜井 くみ

開発・監修者
桜井 くみ

この講師について
YogaBodyとは、ヨガと身体の学校です。
  • ・ヨガを通して身体を学ぶ
  • ・身体を通してヨガを学ぶ

YogaBodyは、そんなヨガと身体の学校です。

ヨガを通して心の在り方や、周囲との関わり方までも変化を感じられます

日々の生活の中で無意識に動かしている身体に少し意識を向けてみると、新しい感覚や発見があったりします。でもそれは、実は生まれてきてから今までの生活の中で身に付いたクセや生活習慣などから忘れていた感覚なのかもしれません。
もしかしたら、今ほど生活が便利になっていない時代の人は、当たり前にできていたことで、生活は便利になっても、いつの間にか身体は不便なことを強いられているのかもしれません。

ヨガを通して身体のことを知って感じていくことは、自分の身体にとってもっと楽な場所、安全な動かし方を再確認して、身につけていくことにもつながります。
そして身体を通して学んだことは、マットの上でのヨガだけでなく、マットの外での自分の生活、そして「心と体」というように、身体で感じたことは心の在り方や周囲との関わりの変化にもつながっていくように感じています。

仲間とともに学ぶことは、身体への理解を深め大きな経験となる

自分自身が実践して、感じ、学びながらも今の自分にはない感覚や身体の動かし方を知っていくには、時にはちょっと知識が必要だったり、周りの人の手助けが必要だったりするものです。

その知識は身体の仕組みを基本として、ヨガの歴史や哲学など伝統的なメソッドだったり様々です。
その知識を学びながら自分だけでなく、他の人、講座と共に受ける仲間の身体を通して学んでいくことは、自分自身の身体への理解を深めるだけでなく、将来ヨガを伝えていきたいと思ったときとても大きな経験となります。

例えば、自分より身体の動く人、動かない人、何かトラブルを持つ人や自分よりずっと年上の人。より多くの人たちとヨガを共有していくためにも、自分自身と他の人の身体を通して、ヨガへの理解を深めていくことは、様々なヨガの流派の理解を深め、応用力のある土台を身につけていくことにもつながります。

体の感覚、仕組みの理解を深めることを大事にしています

自分自身のためにもヨガを学んでいきたい人も、ヨガを伝えたい人も共に学んで身体の感覚や仕組みの理解を深めることを、YogaBodyでは何より大事に進めていきます。