講師紹介 STAFF INTRODUCTION

YogaBodyトレーニングコースは、TOKYOYOGAのトップインストラクターと
YogaBodyを修了し、現場で多くの実践を積んでいるインストラクターが中心となり指導をしています。
専門課程では、長いキャリアを持つ各分野の専門講師が担当しています。

桜井くみ(Kumi Sakurai)

エキスパート

TOKYOYOGAティーチャー/ YogaBodyトレーニングコース開発・指導担当。

20年以上の鍼灸・整体の経験を生かし、2005年よりヨガ指導を行う。
ヨガ手帳のポーズ提案・監修者。 臨床分子栄養医学研究会 認定カウンセラー。
フリーランスの鍼灸・整体として活躍しながらも、高齢者の身体を知るためにケアマネージャーの資格を取得し、特別養護老人ホームで働いていたほどのカラダオタク。
判断、診断、治療ではない、「感じて、整える」有機的なヨガ解剖学を広めるためにYogaBodyトレーニングコース という全米ヨガアライアンス認定指導者養成コースを開発し、ヨガの指導者を育成する。
現在、神戸在住。夫もヨガティーチャーであり、一児の母。

YogaBody受講者の方へ

YogaBody コースはすでにヨガをされている方、ヨガを教えている方だけではなく、これからヨガを始めたいという方にもオススメできるコースです。頭だけではなくカラダを通してヨガを学んでみると多くの発見がありますし、カラダの仕組みを基礎に学ぶので安全に、体系的にヨガを学ぶことができます。知れば知るほどその奥深さや面白さを感じさせてくれる私たちのカラダとヨガ。YogaBodyコースで一緒にそんな時間を体験してみましょう。

山下守美(Morimi Yamashita)

エキスパート

体育大学卒業後、エアロビクスインストラクターの幅を広げるために沖ヨガの指導者養成コースを受講したことがヨガとの出会い。妊娠・息子を出産し子育て中にアシュタンガヨガのDVDでダイナミックなアーサナに魅了され、TYGにてchamaのティーチャートレーニングを受け、呼吸の大切さや身体の使い方を学ぶ。
アーサナと向き合っていく中で、それまで外に向いていた自分の目が内側に向き、心と体の密接な関係に「ヨガ=繋ぐ」ということを実感し、自分と周りとの心地よい関係を築いていけるような、ヨガを実践している。

 

chama指導者養成コース修了

健康運動指導士
中学・高校保健・体育教員免許取得

YogaBody受講者の方へ

体育大卒業後、スポーツインストラクターとして活動中にヨガと出会い、カラダと心の繋がりや食事から人が成り立っているということを知り、単に運動だけでないヨガの世界に深い魅力を感じました。
ヨガとの出会い間もなく息子を出産したため、子育てとともに日々自宅で練習をしていましたが、ある機会からchama先生のTTを受講し、ヨガのアーサナだけではない奥深い側面も勉強でき、よりヨガが好きになりました。

その後も日々練習を続けていく中で、普段外に向いている意識が、ヨガのアーサナ中は自分の内側に向き、心身だけでなく、人生においてバランスをとっていくことに欠かせないものとなっています。

このヨガが大好き!ということを生徒さん、ヨガ仲間と分かち合いながら、内側が安定して気持ちよくなるヨガをしていきたいと思っています。

原田道雄(Michio Harada)

エキスパート

TOKYOYOGAティーチャー(アシュタンガヨガマイソールクラス担当)
1975年生まれ、神奈川県在住。
2005年6月に発売された雑誌「BRUTUS」のヨガ特集の記事に惹かれ心身を鍛える目的でヨガを始める。サラリーマンとして働きながらマイペースにアシュタンガヨガを実践していった。
2012年からヨガの指導を始める。同年9月から3ヶ月間、アシュタンガヨガの本家インドのマイソールへ行き、シャラート氏に従事。
2013年1月からインドのトリヴァンドラムのシバナンダ・ヨガアシュラムにてティーチャーズトレーニングに参加。インドの伝統的なヨーガの知識を深める。
現在はNancy Gilgoff氏に師事し、日々のクラス指導と自らのプラクティスから「教えることは学ぶこと」を実践している。またヨガ以外にもボディワークのクラニオセイクラル・バイオダイナミクスを学んでいる。
クラスでは伝統的なヨガを尊重しつつ、個々にあった心身の健康とリラックスを体験できる指導を目指している。
ブログ http://haradamichio.com/
chama指導者養成コース(全米ヨガアライアンス200時間認定)修了
シヴァナンダヨガ TTC(全米ヨガアライアンス200時間認定)修了
OMヨガ プラナヤマ指導者講座 修了
アシュタンガヨガジャパン主催 プライマリーシリーズ指導者養成コース 修了
スリーミニッツエッグ(3ME)認定ヨガティーチャートレーニング レベル1修了
Nancy Gilgoff Primary series Adjustment Clinic修了
Nancy Gilgoff Intermediate series Adjustment Clinic修了

YogaBody受講者の方へ

YogaBodyトレーニングコースはヨガとカラダを並行して学んでいきます。カラダのこと学んだ後にヨガのポーズやペアワークをしていくことで今までとは違ったカラダの感覚を実感できたり、ポーズが取りやすくなったりと生きた知識として身についていきます。一生付き合っていく私たちのカラダ、ヨガと一緒に楽しく学んでいきましょう。

Kaori(Kaori)

アドバンス

仕事で蓄積していた疲労がヨガをすることで軽くなった事がきっかけとなり、オフィスワ ークを続ける傍ら本格的にヨガの道へ。 chama 先生が指導にあたっていたワークショップ「はじめてのアシュタンガヨガ」への参 加でアシュタンガヨガに出会い、流れるような動きと奥深さに感銘!その後ヨガに対する 学びを深めるため TOKYOYOGA 指導者養成コース(YogaBody トレーニングコースの前身) で専門的にヨガ解剖学を学ぶ。アシュタンガヨガの練習を続けながら、クラスではアシュタ ンガの他、ハタヨガも担当。解剖学の学びを活かし、カラダの中で動く骨や筋肉のしくみを 効率的に考えながら、安心・安全かつ気持ちよくヨガができるようなクラスを行っている。

• TOKYOYOGA 指導者養成コース修了
(解剖学講師:桜井くみ先生よりアーサナとカラダについて専門的に学ぶ)
• 全米ヨガアライアンス RYT200 取得
•日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定1級取得

YogaBody受講者の方へ

例えば、寝違えて首を痛めた。急いで横断歩道を渡ろうと走り出したら膝を痛めた。床に手をつくポーズで手首を痛めた。捻りのポーズで頑張ったら腰が痛くなった。なんてことはありますか?それが原因で痛めたと思っていたら、実はそうなる兆候は既に日常生活にあった!なんてことは十分に考えられます。レッドカードが出る前に既にイエローカードが出されていたのだとしたら?それに気づいていないとしたら…。

日常的に癖づいている動きや、姿勢だったり。日頃の蓄積なら年齢を重ねれば当然その負担も大きくなるはず。もしかしたら、それは自分が思っているほど年齢が原因ではないのかもしれません。ヨガを通して万人共通である身体を学ぶのが基礎コースです。是非たくさんの体験と発見を通して一緒に楽しく学びましょう。

石田麻子(Asako Ishida)

アドバンス

出産後、すべてのものごとがつながっていることを実感。環境(=自分を取り巻くものごと)にできるだけ負荷をかけずに気持ちよく暮らす術を探るなかで、2005年、ヨガに出会う。様々な流派のヨガを経験。

現在は陰ヨガをベースに、都内各地のスタジオでヨガを指導。ヨガをはじめたばかりの方にもエッセンスが伝わるように、体感を大事にしたクラスを心がけている。また、より多くの方の日常にヨガを!との思いで、サークル、学校、企業や病院などへの出張クラスも積極的に行う。

2013年〜野外フェスイベントGOOUT CAMPで青空ヨガ、キャンドルヨガを担当。 ヨガアプリoshyogaのヨガコンテンツ作成や、通信教育のキャリアカレッジヨガ講師養成講座のキッズヨガパートの教材作成に携わる。2015年〜ヨガボディ基礎コース講師担当。

木と鳥yoga http://kitotori.com

——-
TOKYOYOGA chama 指導者養成コース(全米ヨガアライアンス200時間認定)修了
David Swenson 40時間アシュタンガヨガプライマリーシリーズ指導者養成コース修了
Joe Barnett 陰ヨガ30時間ティーチャートレーニング修了 モジュール1(2014,2015)、モジュール2(2016)
Paul grilley 陰ヨガティーチャートレーニング200時間修了(Anatomical Foundations 解剖学的基礎」100時間+Chakra and Meridian チャクラ瞑想と経絡システム」100時間)

YogaBody受講者の方へ

基礎コースでは、文字通りカラダの骨組みである骨格について、基本のアーサナやペアワークを通して学んでいきます。自分の体を動かしてみて、感じる。ひとに触れて触れられてみて、感じる。実験と観察、実践と探求を繰りかえす中で、カラダへの理解はより鮮やかに、ヨガのポーズの練習はより安定し心地よいものとなるでしょう。

いろいろなバックグラウンドをもち、いろいろな体をもつ生徒さんがいることは、受講生の皆さんにとってもわたしにとっても一番の学びになります。ヨガをはじめたばかりの方/長年練習されている方、体が硬いと感じている方/柔らかいと感じている方、自分のために学びたい方/だれかに伝えてみたい方…ヨガボディ基礎コースでお待ちしています!

升水あき(Aki Masumizu)

アドバンス

「触れること」での心と身体の働きに興味を持ち、2000年よりセラピストとして活動。自然療法アロマセラピーを用いたトリートメントをサロンや産前産後の妊産婦さんに向けて産婦人科などで行っている。
2004年よりアシュタンガヨガをchama先生より学び、ヨガの練習を通して自分自身と向き合うことの大切さを知り2005年よりヨガインストラクターとして活動。
これまでマイソールクラス、マタニティヨガ、産後ヨガ、企業向けのヨガ、シニア向けのプライベートレッスン等を行う。
二児の母。
ブログhttp://ameblo.jp/aki-nanakamado/
Nancy Gilgoff Adjustment Clinic受講(2008)
TYGアシュタンガヨガコースlevel1.2受講(2008-2009)
IFA認定アロマセラピスト資格取得(2000)
Thai Traditional Massage Basic(Thai Chiangmai)受講(2013)

YogaBody受講者の方へ

YogaBodyトレーニングコースでは、ヨガのアーサナやペアワークを通じてカラダのしくみを学んでいきます。人のカラダは一人一人個性を持っているため、クラスではお一人お一人の身体の内側で起こる体験を大切にクラスを進めていきます。毎回受講生さん自身の中で様々な発見や気づきがあり、私自身もこの講座を担当することが学びになっています。ヨガを始めたばかりの方や、ヨガだけでなくカラダの理解を深めたい方も是非一緒にヨガとカラダの探求を楽しみましょう。

伊藤雅之(Masayuki Ito)

専門課程

1964年名古屋市生まれ。1998年、米国ペンシルヴァニア大学大学院社会学博士課程修了。社会学博士(Ph.D.)。日本学術振興会特別研究員(所属研究機関:東京大学大学院人文社会系研究科宗教学研究室)を経て、2001年より現職。日本トランスパーソナル心理学/精神医学会理事。国際宗教社会学会、日本宗教学会、日本社会学会ほか会員。

専門は宗教社会学。とくに現代世界に広がるスピリチュアリティ文化(ニューエイジ、ホリスティック心理学など)に関する研究をおこなう。個人的にも10代半ばより「精神世界」(人間性心理学、中国の老荘思想、インドのウパニシャッド哲学など)に関心をもち、瞑想や気づきのワークショップ、リトリートに多数参加。 2004年以降はアシュタンガ・ヨーガを実践する。IYC短期集中講座、ヨーガ禅道友会集中講座修了。
2007年より横浜ヨガフェスタにてヨーガの哲学に関する講座を担当している。
おもな著書に『現代社会とスピリチュアリティ』(単著、渓水社、2003年)、『スピリチュアリティの社会学』(共編著、世界思想社、2004年)、『アジアのスピリチュアリティ』(共著、勉誠出版、2006年)などがある。
『現代倫理学事典』(弘文堂、2006年)に「ヨーガ」「瞑想」「修行」の項目を執筆。
監修に『現代人のためのヨーガ・スートラ』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2009年)・『インターミディエート・シリーズ―神話・解剖学・実践』(グレゴール・メーレ著、産調出版、2011年)などがある。

chama(chama)

専門課程

アシュタンガヨガの実践・指導を重ね、機能解剖学を学びクラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。 近年自身の経験から「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。 介護の経験や、高齢者への指導の経験をもち、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。 Nancy Gilgoff 「Adjustment Clinic」、David Swenson 「Ashtanga Yoga Teacher Training Primary Series/Intermediate Series」、Cyndi Lee「NY.OMヨガティーチャートレーニング」Judith Hanson Lasater リストラティブティーチャートレーニング「Relax & Renew」などに参加。 定期的に東京で指導しながら日本各地のワークショップ、国内外のヨガイベントにて指導。

相澤みゆき(Miyuki Aizawa)

専門課程

東京生まれ 伊豆高原在住

トリートメントサロンやホテルでの施術 ヨガスタジオにてアーユルヴェーダの講師 カルチャー教室にてヨガ講師などを経て今に至る。
現在は自宅サロンcocowaにてトリートメントやヨガ教室を営むかたわら、週末には、断食施設でのトリートメント松本くら主催リーラスクールのアシスタントを務める。

  • エサレンマッサージ認定プラクティショナー
  • 日本アーユルヴェーダスクール専門課程終了
  • フェイシャル認定エスティシャン
  • アロマティックヘッドマッサージ修了
  • 日本アロマ環境協会アドバイザー

 

Eiko(Eiko )

ベーシック

次女出産後、身体に違和感を感じてヨガの練習を始める。
Yoga bodyトレーニングコース(TOKYO YOGA)で桜井くみ先生から解剖学観点のアーサナを学ぶ。アーサナの自由さに惹かれ、それを通して自分の身体のパーツが繋がっていくのを感じるのが楽しくて、自分の内側にいるほんとうのじぶんをもっと知りたくて、日々ヨガを続けている。
三姉妹の母として子育て奮闘中。
ヨガを通して出会う新しい自分、チャレンジし続ける姿勢、力強い肉体、繊細な感覚、クラスが終わった後の爽快感・充実感を、たくさんの人とシェアしていきたいと思い、都内スタジオでヨガを指導中。

・TOKYO YOGA・Yoga bodyトレーニングコース修了(RYT200)
・TOKYO YOGAアジャストメント指導集中講座修了(by chama)
・岡部朋子マタニティヨガインストラクター養成講座修了

HP
facebook

Maki(Maki)

ベーシック

30代前半、それまで家庭と仕事、忙しくも充実した毎日でしたが、段々とバランスを崩し始めその頃、ヨガに出会いました。

静かに集中できるヨガの時間が大好きで、身体がくつろいで心までデトックスされていくようでした。

日頃つい頑張りすぎてしまう事もあると思います。ヨガでバランスをとり、自分自身と対話する事で、より健やかな毎日を過ごして頂ければと思います。

ダーマヨガ指導者養成コース修了

全米ヨガアライアンス200時間取得

TOKYO YOGA  Yoga Bodyインストラクターコース修了

佐取温子(Atsuko Satori)

ベーシック

常にガチンコで生きている。その為、身体の緊張感からくる気持ちの硬さや頭の硬さをほぐす為にヨガを始める。ヨガの練習を積むことが音楽の仕事にも作用している感動を得る。今ではライフワークへと変わり、指導をはじめる。ヨガインストラクターのEiko OdawaraとYOGA DISCO!!を不定期で開催中。

・TOKYOYOGA・YogaBodyトレーニングコース修了(RYT200)

YogaBody受講者の方へ

身体は生まれてから死ぬまでずっとお付き合いをしていく永遠のパートナーです。
当たり前に動いていることって本当に当たり前なのでしょうか?ちょっと立ち止まって向き合ってみませんか?
私はこの講座を受けてから身体にもっと尊敬をすることが出来ました。
この講座が新しい発見と身体とヨガをもっと好きになるきっかけになれば嬉しいです!

Mio(Mio)

ベーシック

体調を崩した母が、治療のために始めたヨーガセラピー。何気なく付き添いで参加したヨガ教室で行ったヨガが、初めて参加したヨガでした。 それまで運動とは無縁の人生を送ってきましたが、そんな私でもヨガなら無理なく気持ちよく身体が動かせたのです! 続けて行くうちに、どんどん変化していく自分の身体と心の爽快感を実感し、自分自身もヨガにはまっていきました! 一生付き合っていく自分の心と身体だからこそ、日々のちょっとした変化に耳を傾けて、ケアしていくことができれば良いなと思います。 現在は、都内スタジオにて、ヨガ講師・アーユルヴェーダ講師として活動。 好きなものは、自然と旅と柴犬。
・YogaBodyインストラクターコース修了(200時間)
・アーユルヴェーダビューティーカレッジ アドバンストコース修了

YogaBody受講者の方へ

ヨガのレッスンを受けている時に、先生のアドバイスやアジャストメントで、 驚くほどポーズが深まったり、新しい感覚の発見があったりしたことはありませんか? 私はヨガのインストラクターを目指そうと思った時、そんな風に一人一人の身体と個性に向き合える先生になりたいと思いました。 YogaBodyでは、カラダついてとことん学びます。とことん学んだからこそ、自分のカラダは勿論のこと、自分の周りの人にも快適で安全なヨガをご提案できるようになれますよ!

Yogabodyの指導者についてYogabodyの指導者について

YogaBodyでは3段階の指導者のレベルがあり、
YogaBodyインストラクターコース修了⽣ 」過程を経て
資格を取ることが出来ます。